代表挨拶

代表挨拶

これからの日本の産業はAI(人工知能)やIOT(もののインターネット)と言われる技術が無くてはならない社会に突入して行くと思われます。

その背景には日本の人材不足や雇用環境の改善などが必然となっている現状があります。
働く人の環境を良くすることで企業としては、よりコストを捻出して行かなければなりません。
また環境を良くしても現在日本では人材雇用が出来ず事業がなりたたない厳しい現状に追い込まれている実態もあります。
このような現状から必然的にAIやIOTの自動化システム構築が要求されてきています。

ただ今までのソフト開発会社はロジックを中心とした開発がメインで行われており、AIやIOTに不可欠なアルゴリズム作成などの経験がありません。段々と習得していくと思われますが現在の需要のスピードには追い付かないと予想しています。

弊社は中国のトップレベルである浙江大学のIT主任教授が持つ会社や研究室とグループを形成し日本企業様から多くのAIやIOT技術の受託開発を請け負って成功しております。エンドユーザ様は勿論、ソフト開発会社様にも足らない技術を提供し、お客様の将来に大いにお役に立てることを希望しております。

(金衡和グループ) フューチャーテクノ株式会社
代表取締役社長  堀池 武史